カテゴリー別アーカイブ: ハラペーニョ

ハラペーニョの成長記録(プランター) 1ヶ月目

ハラペーニョをプランターに植えてから1ヶ月経ちました。

順調に成長して、2週間ほど前から花が咲きだしました。

写真の右側に小さいハラペーニョの実が付いていることが確認できます。

他の苗も花がつきだしているので後1ヶ月ほどで本格的な収穫ができるようになりそうです。

ハラペーニョの1ヶ月目


カテゴリー: 03.メキシコ唐辛子菜園, 05.ベランダ菜園, ハラペーニョ | タグ: , , , | コメントをどうぞ

唐辛子苗をマルチを張った畝に定植作業します。

今日は成長した苗を畝に定植します。

定植する唐辛子の種類は、ハラペーニョの2品種、ハバネロの赤・白・オレンジ・紫・黄色の5種類、アンチョ(ポブラノ)、タバスコ、ジョロリアの10種類です。

まず畝の上に苗を仮置きして、どのように定植するかをチェックします。

苗を乗せて間隔を確認

ここで注意する点は、同じ畝(近い場所)には同じ品種の苗を植えるようにしましょう。

同じ唐辛子でも、虫の付き方や病気になりやすかったりなど品種によって様々です。

ここではハバネロであれば、赤ハバネロとイエローハバネロを同じ畝に設置するような形をとりました。

以前テレビで見たのですが、あえて全く違う品種を交互に定植して病気や収穫量を増やしたりと出来る方法もあるようですが・・・。

場所が決まれば、置いてある苗の下の部分をカッターなどでマルチをカットして中の土を少し出します。

マルチを切る

マルチのカットは苗が入る程度にカットしてください。

このカット部分が小さすぎると、定植し難いだけでなく水やりや雨の時に水分が十分畝に入りません。
ただ、大きすぎると風で破れやすくなったり、雑草が生えやすかったりするので、注意が必要です。

カット後は土を出すのですが、ここで便利な道具が次の写真です。

これは、苗の分だけ土を丸く取り出しやすいための道具ですが、名前を忘れました・・・Σ(゜∇゜|||)

ホームセンターなどに売ってあるので探してみてください。

苗を入れる穴を掘る

土を出したら、ポットに入っている苗を取り出し、土の部分を軽くほぐして(根を傷つけないように注意)定植します。

定植したら、出した土を周りにかけて少し押して完成です。

土を寄せる

この要領で全ての苗を定植していきます。

全ての定植が終わるとこのようになります。

植えた状態

これまでは、それぞれの品種を同時に扱ってきましたが、今後はそれぞれの種類をレポートしていきます。


カテゴリー: 03.メキシコ唐辛子菜園, 04.家庭菜園, アンチョ(ポブラノ), ジョロキア, タバスコ, ハバネロ, ハラペーニョ | タグ: , , , , | コメントをどうぞ

注文していたトウガラシの苗が届きました。

以前インターネットで注文していたトウガラシの苗が届きました。

苗が届きました。

種から作っても同じなのですが、種から作る場合時間がかかることと、うまく成長しない可能性があるので保険として苗を購入しました。

今回届いた苗は、ハバネロオレンジ・ハバネロレッド・ハラペーニョ・アンチョ(ポブラノ)の4種類です。

届いた苗の種類

ここまで成長するのには1ヶ月ほどはかかるので、楽です。

次回はこの苗を定植します。


カテゴリー: 03.メキシコ唐辛子菜園, 04.家庭菜園, アンチョ(ポブラノ), ハバネロ, ハラペーニョ | タグ: , , , , | コメントをどうぞ

ハラペーニョやハバネロの畝に支柱を立てる

畝(うね)に移してある程度大きくなったら支柱を立てます。

支柱は風の強い日や台風などで植物が倒れないようにするのと、ハラペーニョなどは実がタップリなるので、重みに負けない様に支えるためです。

畝に支柱を立てる

支え方は何種類かありますが、枝から少し離したところに真っ直ぐ挿せばいいです。

まだ、植物と支柱は固定する必要はありません。

もう少し大きくなって支柱を挿すと、成長した根を傷つけて病気などにかかりやすくなるので注意が必要です。


カテゴリー: 03.メキシコ唐辛子菜園, 04.家庭菜園, ハバネロ, ハラペーニョ | タグ: , , | コメントをどうぞ