アンチョ(ポブラノ)をプランターに植える作業

以前アメリカから種を輸入して苗を作っていたアンチョ(ポブラノ)が大きくなったので、プランターに植えかえたいと思います。

アンチョは本来メキシコでは、生の状態をポブラノと言い、乾燥させたポブラノの事(乾燥唐辛子)をアンチョと言います。
何故かアメリカと日本では生の状態でもアンチョと呼ばれているようです。なのでここではアンチョ(ポブラノ)と表記しています。

アンチョ(ポブラノ)は大変大きなピーマンのような実がなりますが、味は辛みが強く苦みが少ないのが特徴です。

メキシコでは、肉詰めやチーズ詰めなどして食べられます。

この他にも刻んで炒めものに使ったり、生クリームと一緒に拡販してスープにしたり様々な使い方ができる食材です。

また、乾燥させたアンチョ(ポブラノ)はレーズンやプルーンのような香りと味がして、甘みが増し辛みとコクが強くなります。

乾燥アンチョ(ポブラノ)はメキシコの代表的な料理のモレ(メキシコカレー)やアドボソース(サルサソース)に使われます。

私自身、メキシコの唐辛子の中で一番好きなトウガラシがこのアンチョ(ポブラノ)です。

ポブラノを植える

今回用意したプランターは1株用の大きめのサイズを用意しました。

もう少し大きめのに2株ずつ植えてもよかったのですが、大きくなってからプランターの移動や場所調整が楽なので1株用にしました。

また、このサイズであれば、100円ショップにも売ってあるので安上がりです。

用意するもの

用意するのは

  • 大きめのプランター
  • 軽石
  • 野菜用の土

だけです。

プランターに底が見えない位に軽石を敷きます。

軽石を敷く

次に、土をたっぷりプランターに入れます。

土をたっぷり入れる

容器の下を指で押しだして根を傷つけないように苗を出して、根をほぐします。

根を軽く解す

プランターに植えます。
この時あまり深く植えると(葉っぱが土につくほど)病気になりやすいので、土から葉っぱまで2cm位を目安に苗を植えます。

軽く押さえる

最後に水をたっぷりやって完成です。

今回は、1まわり小さめのプランターにも植えています。

たっぷり水を与える


カテゴリー: 03.メキシコ唐辛子菜園, 05.ベランダ菜園, アンチョ(ポブラノ)   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">